ウインナー・コーヒーはなぜソーセージっぽくない?そもそも「ウインナー」の意味は?

今流行りのウィンナー・コーヒー。

正直に言います。私は初めてこの言葉を聞いたとき「ウィンナー・ソーセージ」のことを思い浮かべました(笑)。

でも、ウィンナー・コーヒーって、全然ソーセージっぽくない…おかしい!どういうこと??

そもそも「ウィンナー」とは一体どういう意味?

調べてみると、な~るほどそうなのか!の驚き。

勉強になったのでシェアしますね!

そうだったのか!意外すぎる肉じゃがの誕生秘話に迫る!


スポンサーリンク


「ウィンナー」の意味は?

さっそく本題。

「ウィンナー」とは一体どういう意味でしょうか?

調べてみると、ウィンナーは「オーストリアの首都ウィーンの」という意味の形容詞であることが分かりました。

ドイツ語では「Wiener(ヴィーナー)」、英語では「Viennese(ヴィエニーズ)」です。

なので、日本語のウィンナーはドイツ語の発音から来ているのでしょう。

ということは

ウィンナー・ソーセージは「ウィーン風ソーセージ」、

ウィンナー・コーヒーは「ウィーン風のコーヒー」

ということになりますね。

ウィンナーがつく他の有名な言葉には「ウィンナー・ワルツ」や「ウィンナー・シュニッツェル」、白猫テニスのキャラクター「ウィンナー・ソー」などがありますよね。

ね?な~るほど!じゃないですか?


スポンサーリンク


ウィンナー・ソーセージの特徴は?

ところで

ウィンナー・ソーセージはソーセージの一種だということが分かりましたが、ウィンナー風ソーセージの特徴は何でしょうか?

興味があったので調べてみました!

JAS(日本農林規格)は、ウィンナー・ソーセージの規格を定めていて、それによれば太さ2センチ未満で羊の腸を使用したソーセージのことをウィンナー・ソーセージと分類するそうです。

ちなみに、ソーセージは他に「フランクフルソーセージ」(豚の腸を使用、太さ23.6センチ)、「ボロニアソーセージ」(牛の腸を使用、太さ3.6センチ以上)があるとのころ。

よくお祭りで売っているフランクフルトは確かに太い。でも使用する腸によっても呼び方が異なるんですね。

へ〜そうなんだ!面白いですね♪

ウィンナー・コーヒーの特徴は?

次に、今流行のウィンナー・コーヒー(ウィーン風コーヒー)の特徴は何でしょうか?

こちらも調べてみました!

ウィンナー・コーヒーといえば、一般的にコーヒーの上にホイップクリームをたっぷり載せたもの。

ですが、実はウィーンにはこのようなスタイルのコーヒーは存在しないそうです。

何でも、ウィーンの人たちが日常的に飲んでいるコーヒーはカプチーノ(エスプレッソにミルクの泡を載せたもの)とのこと。

ただ、日本のウィンナ・コーヒーに近い「アインシュペナー」(Einspänner)」という種類のコーヒーがあるそうで、こちらが日本のウィンナー・コーヒーの元になったのかもしれません。

アインシュペナーは、コーヒーにほぼ同量の生クリームが載っていて、グラスに注がれるタイプのコーヒーとのこと。

美味しそう!一度飲んでみたいなぁ

まとめ

いかがでしたか?

ウィンナー・ソーセージやウィンナー・コーヒーの「ウィンナー」の意味についてご紹介しました。

ウィンナー・ソーセージを食べながらウィンナー・コーヒーを飲めば、ウィーンにいる気分に浸れること間違いなし!?んなわけないか笑

「知らなかった!」「面白かった!」という方は、是非シェアをお願いしますね♪

あわせて読みたい→ロシアに行ったら絶対食べたいロシアングルメ10選

あわせて読みたい→世界のハロウィン料理を知るために押さえたい5つの歴史


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする