「素敵」は「優れている」意味なのに、何で「敵」の漢字が使われているの?

「素敵」という言葉があります。

ふと、「素敵って「優れている」「素晴らしい」という意味だよね。それなのに何で「敵」の漢字が使われているんだろう?」という疑問が。

調べてみると、ふんふん、なるほど~!の発見。

面白かったので皆さんにもシェアしますね!

「墨守」という言葉があるけど、なんで墨(すみ)なの?


スポンサーリンク


素敵の意味

まずは「素敵」の意味のおさらいから。

「素敵」は、辞書によれば、「自分の気持ちに合っていて、心を引かれるさま、非常にすぐれているさま」という意味です。

例えば、「今日の服装、素敵だね。」といった形で使いますよね。

また、昔は素敵を「程度がはなはだしいさま」という意味で使っていたそうです。

「素敵に堅そうな首を」は、「とても堅そうな首を」という意味になります。

(どんなシチュエーションやねん!笑)

私は2つ目の意味は今回初めて知りました。

現在ではもう見ない使い方ですね。

言葉の進化を感じますね~


スポンサーリンク


素敵の語源

それでは本題。

「素敵」という言葉にはなぜ「敵」の漢字が使われているのでしょうか?

結論から言うと、これといった明確な理由はなく、元は「素的」と言っていたものが、いつの頃からか「的」が「敵」の字を当てられるようになったようです。

どういうことでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

「素敵」は江戸時代の後期の頃に使われるようになった言葉で、もとは先ほどご紹介したとおり「はなはだしい」という意味があり、最初は「素的」という漢字が使われていたそうです。

この「的」はいわゆる当て字で、他にも「素適」とする用例もあるようです。

この「的」が「敵」に入れ替わったということなのですが、それがいつの頃から、なぜかは不明。

大正の頃から「素敵」が使われ始め、昭和に入って定着したとも言われます。

さらに調べてみると、「敵」の文字は「匹敵・敵(かな)わない」から用いられたものとする、という説もありました。

対抗できない、勝てないとき、「敵わない」といいますが、「素晴らしすぎて敵わない」から「素敵」になったというものです。

私はこの説はもっともらしいかな~と思いました。

いずれにせよ、今回の調査ではこれだ!という理由は突き止められませんでした。

うーん、やはり奥深い日本語の世界。

ご存知の方、教えてもらえると嬉しいです!

素敵を英語で言うと?

さて、「素敵」を英語で言いたいときは何と言えばいいでしょうか?

これには状況(シチュエーション)によって色々な言い方が考えられると思います。

例えば「彼女の服装はとても素敵だね」という場合は「Her cloth is so lovely.」と言えるでしょう。

また、「あなたの笑顔は素敵ですね。」は「Your smile is nice.」と言えると思います。

逆に「Thats wonderful!」は「それは素敵だね!」と訳すことができます。

つまり、「素敵」は一つの日本語に対応しているわけではなく、場所や状況によって様々な表現ができる、ということを知っておくと良さそうですね!

まとめ

いかがでしたか?

「素敵」という言葉の意味や語源、英語での表現方法についてご紹介しました。

今回は肝心の「なぜ「敵」の字が使われているのか?」については明確な理由を見つけることができませんでした。

もし教えてくださる方がいたらとても素敵です!(笑)

「知らなかった!」「面白かった!」という方は、是非シェアをお願いします!

あわせて読みたい→体育の日は東京オリンピックに由来するって知ってた?

あわせて読みたい→「一巻の終わり」の次に二巻はあるの?気になる言葉をリサーチ!


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする