「ぎゃふん」て日本語?そもそも何語なの?言葉の由来をリサーチ!

「ぎゃふん」という言葉があります。

ふと、「ぎゃふんて日本語?そもそも何語なの?」と疑問に思いました。

調べてみると、へ~そうなんだ!の驚き。

面白かったので皆さんにもシェアしますね!

「だらしない」は「だらし」が無いという意味?「だらし」って一体何だ?

 


スポンサーリンク


「ぎゃふん」の意味

まずは「ぎゃふん」の意味をおさらいしましょう。

 

「ぎゃふん」は、辞書によれば、言い込められたり、やりこめられたりして、言葉も出ないさまをいいます。

 

例えば、「くそ~ジャイアンめ、今日こそぎゃふんと言わせてやるぞ!」などと使われますね(笑)

昔はそこそこ聞いたような気がしますが、特に若い人が使っているのを見たことがないような。

いわゆる死語の一つなのかもしれません。


スポンサーリンク


「ぎゃふん」の由来

それでは、「ぎゃふん」の由来は何でしょうか?

どうやら語源は諸説あるようです。

一般的に信じられているのは、二つの感動詞「ぎゃ」と「ふん」が合わさったというもの。

「ぎゃ」は驚き叫ぶさまを表し、「ふん」は「ふむ」と同じ承諾を意味するのだそうです。

つまり、驚きながらもふむふむと頷いてしまうさまを表すというもの。

ただ、個人的にはこの説はあまり納得がいきません。

なぜかというと、のび太が「ジャイアンをぎゃふんと言わせてやる!」と言うとき、のび太はきっとジャイアンをけんかでねじふせたいと思っていて、ジャイアンは「もう降参だ、勘弁してくれ!」となるイメージなのですが、この語源では、けんかというよりは話し言葉で相手を納得させる様子を表すので、イメージと合わないのです。

もう一つの説は、ぎゃふんは擬態語であるというもの。

擬態語とは、ワンワン(犬の鳴き声)やキラキラ(太陽の光)など、物事の状態や身振りをそれらしく表した言葉のことです。

だから、ぎゃふんが擬態語だとすれば、その言葉自体に意味はありません。

江戸時代にはこの言葉は「ぎょふん」と言われており、明治期以降に「ぎゃふん」に転じたそうです。

ではどういう状態かというと、これといった明確な解説は見当たりませんでした。

ある方は犬同士の喧嘩で負けた方の犬の鳴き声が人間に転じたのではないか、という人もいました。

でも私はこの由来の説に賛成します。

人はピンチの時に「ぎゃー!」とか「ぎゃあ!」と言いますが、この音にも近いですし、犬が弱気のときに鳴く「キャンキャン!」の音にも近いですよね。

前述ののび太とジャイアンのケンカのイメージにもピタリと当てはまりますしね!

「ぎゃふん」を英語で言うと?

それでは「ぎゃふん」を英語では何と言うのでしょう?

調べてみると、「ぎゃふん」にピタリと当てはまる英語はないようです。

google翻訳先生に聞いてみても、「gifun」という意味のわからない答えが返ってきました(笑)

ただ、「ぎゃふんと言わせてやる」という文章で意訳するなら、例えば、

I’ll shut them up this time.(今回は彼らを黙らせてやる)

Ill get revenge on them.(彼らに仕返ししてやる)

などが近いニュアンスで、表現としても易しいのではないしょうか?

他にもいい表現があったら教えてくださいね!

まとめ

いかがでしたか?

「ぎゃふん」という言葉の意味や由来、英語での表現方法についてご紹介しました。

今回は調べてもなかなかこれだ!という語源に出会えず、私がぎゃふん状態でした(笑)

「知らなかった!」「面白かった!」という方は、是非シェアをお願いしますね♪

 

あわせて読みたい→「ちなみに」の「ちなみ」って何ですか?気になる日本語をリサーチ!

あわせて読みたい→「バッチリ」って、日本語ですか…?気になる言葉をリサーチ!


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする