「十八番」と書いてなぜ「おはこ」と読むの?気になる語源をリサーチ!

「十八番(おはこ)」という言葉があります。

ふと、何で「じゅうはちばん」なのに「おはこ」と読むのだろう?と気になって夜も眠れなくなってしまいました(嘘です)。

調べてみたら、そういうことか~!の驚きだったので、シェアしますね♪

「だらしない」は「だらし」が無いという意味?「だらし」って一体何だ?


スポンサーリンク


「十八番(おはこ)」の意味

まずは「十八番(おはこ)」の意味をおさらいしておきましょう。

十八番」は「じゅうはちばん」とも「おはこ」とも読みます。

辞書によれば、どちらの読み方も正しく、どちらも「最も得意とする芸や技」のことを意味します。

例えば、

「このネタは、あの芸人さんの十八番(おはこ)だよね」

「彼の十八番(おはこ)の歌が流れると、場はいつも盛り上がる」

なとといった形で使われますね。

また、「おはこ」は、よくやる動作や行為、口にする言葉、くせ、といった意味でも使われます。


スポンサーリンク


「十八番」を「おはこ」と読む理由

では、「十八番」をなぜ「おはこ」と読むのでしょうか?

これは「十八番」の語源をたどっていくと分かります。

語源は諸説あるようですが、最も有力なのは、江戸時代に歌舞伎役者の市川團十郎(いちかわだんじゅうろう)が、代々の團十郎がそれぞれ得意としていた18の演目を集めて、これを「歌舞伎十八番」と呼んだことがはじまり、とするものです。

それらの台本を箱に入れて大切に保管していたことから、十八番を「おはこ」と読むようになった、といわれています。

他の説としては、その昔、高価な茶器や書画等が本物であることを示すため、鑑定した人の署名である「箱書き」を添えて箱に入れたことから、本物の芸を「おはこ」と言うようになった、というものがあります。

この説は、「十八番」を「おはこ」と読む直接の理由とはなっていませんが、それでもいつの時代からか、二つの言葉の箱つながりで、意味が混じり合ったのでしょうか。

いずれにせよ、なるほど、言葉にはルーツがあるんだな~と思いました!

日本語ってホント、奥深い言葉ですね♪

万歳(ばんざい)の由来、知りたくありませんか?その語源や歴史など

「十八番(おはこ」を英語で言うと?

最後に、十八番(おはこ)」を英語では何と言えばよいのでしょうか?

辞書によれば、十八番(おはこ)は、

ones speciality

ones hobbyhorse

ones forte

などが紹介されていました。

hobbyhorseforteは珍しい単語ですね~。

hobbyhorseは、メリーゴーランドの木馬や子どもがまたがって遊ぶ木馬のことを指し、転じて得意な話題やおはこといった意味があるそうです。

forteは音楽で習ったいわゆる「フォルテ」で、語源はイタリア語の「強い」という単語。長所や得意な分野、という意味だそうです。また、フェンシングの剣の腰という意味もあるそう。

私ならどっちの単語もとっさには出てこない自信があります!(笑)

なので「ones speciality」を使うかな~?と思いました。

まとめ

いかがでしたか?

「十八番(おはこ)」の意味や語源、英語での言い方をご紹介しました。

いやぁ~、日本語って本当に奥深くて面白いですね!

また面白い言葉の由来を調べたらシェアしますのでお楽しみに!

「知らなかった!」「面白かった!」という方は、是非シェアをお願いします♪

あわせて読みたい→リーゼントの由来は?気になる語源を徹底リサーチ!

あわせて読みたい→「お墨付き」って、何で墨が付くと保証する意味になるの??気になる言葉をリサーチ!


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする