「あえなく」って、一体何がないの?気になる日本語を徹底リサーチ!

私たちが普段何気なく使っている日本語。

しかし!ふと立ち止まってみると、不思議に思えてくること、ありませんか?

私は最近ふと、

「「あえなく」って、「あえ」が「ない」っていう意味だよね、

「あえ」って一体何のこと?」と気になってしまいました。

調べたら「おお、そうだったのか!」の驚きの発見だったのでシェアしますね♪


スポンサーリンク


「あえなく」の意味は?

まずは「あえなく」の意味をおさらいします。

辞書によれば、「あえなく」は、「あっけなく」や「期待はずれに」といった意味です。

例えば、

「楽しかった生活は、そこであえなく終わってしまった」とか、

「 このプロジェクトはあえなく断念せざるを得なかった」

などと使われますね。

「あえなく」は、漢字で書くと「敢え無く」で、これが活用したもの(連用形)です。

そして、「敢え」は「敢えて」の意味です。

敢えての意味は「しなくてもよいことを無理に・困難を押して行うさま」をいいます。

例えば、

「困難な道をあえて進む」とか、「あえて苦言を呈する」などと使います。

つまり「敢え無く」は、困難を押して頑張ったり、何かしら頑張って続こうとする様子がないまま、要するにあっけなく、という意味になるのです。


スポンサーリンク


「あっけなく」の意味は?

さて、「あっけなく」という言葉が出てきましたが、「あえなく」と意味・形が似ていると思いませんか?

気になったので調べてみました!

「あっけなく」の意味は、「物事が期待や予想に反して単純・貧弱で物足りないさま」を指します。

漢字で書くと「呆気なく」となりますが、元は「飽く気なし」が転じたものだと言われています。

「飽く」は、飽きるという意味ではなく、「満足する」や「満喫する」の意味です。

なので「満足することがない」といった意味となるのです。

へ〜そうなんだ、知らなかった!

「甲斐なく」の意味は?

さらに、「あえなく」の類語に「甲斐なく」というものがありますよね。

これも意味・形が似ています。

というわけで、「甲斐なく」も調べてみました!

「甲斐なく」の意味は、「行った努力に見合う成果がないさま」を指します。

例えば、

「努力の甲斐なく試験に落ちてしまった」などと使われますよね。

この言葉をまじまじと見てみると、「甲斐」が「ない」ということになります。

「甲斐」とは一体何でしょうか?

調べてみると、「甲斐(かい)」は「貝」の意味があり、「甲斐」は当て字とのことです。

貝は古代はお金の代わりとして使われていたことから、「価値のあるもの」という意味を持つようになりました。

そこから転じて、貝には「行動の価値があるもの」「結果が期待できるもの」という意味が付け加わります。

なので、「甲斐なく」は「行動の価値がなかった」、つまり「努力に見合う成果が出なかった」という意味となるのです。

それでは「貝」がなぜ「甲斐」になったのでしょうか?

調べてみましたが、定説はないようです。

一説では、甲斐は昔の「甲斐国(かいのくに)」から来ており、甲斐国は昔から黄泉(よみ)の国(=天国)との境目があるとされ、現世と黄泉が交わるという意味で甲斐になり、貝の字に取って変わったというものがありますが、確証ではないようです。

いずれにせよ、「かいなく」の「かい」は「貝」の意味で、いつの頃からか「甲斐」と書くようになった、ということのようです。

うーん、日本語は難しいですね!

まとめ

いかがでしたか?

「あえなく」の語源から始まり、類語である「あっけなく」「甲斐なく」の由来についてもご紹介しました。

普段何気なく使っている言葉も、立ち止まって考えてみると意外な発見がありますね!

「知らなかった!」「面白かった!」という方は、是非シェアをお願いします♪

あわせて読みたい→「手ぐすねを引く」は一体何をどうやって引くの?気になる言葉の由来解説

あわせて読みたい→「マンネリ」って何語か知ってる?身近なコトバの語源について


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする