万歳(ばんざい)の由来、知りたくありませんか?その語源や歴史など

ばんざいとは、おめでたいときや嬉しいときに、両手を前方から上方に挙げて喜びを表す所作のことを言いますね。

ばんざいは漢字で「万歳」と書きますが、何でこれがお祝いの意味を持っているのでしょうか?

不思議に思ったので調べてみたら、へぇ〜なるほどの連発でしたので、シェアします!


スポンサーリンク


万歳の由来は?

万歳の由来は、ざっくり言うと、明治時代にできた天皇陛下を讃える動作であり、中国の皇帝を賞賛する言葉に由来しています。

どういうことでしょうか?

順番に見ていきましょう。


スポンサーリンク


万歳のはじまり

万歳が使われ始めた時期は明確に分かっていて、意外と最近のことです。

明治時代、1889年2月に大日本帝国憲法が発布されたときが最初だと言われています。

この近代日本にとって記念すべき日に、明治天皇が馬車で観兵式に向かう際、皆でお祝いできる歓迎の声を考えようとの話になりました。

例えば英語では「セーブ・ザ・キング」や、フランス語でも「ヴィヴ・ラ・フランス」といった唱和の言葉がありましたので、日本でも同じものを考えようという話になったのです。

最初、当時の文部大臣・森有礼から「奉賀(ほうが)」と唱和してはどうか、という案が出ました。

しかし、これは続けて言うと「ほうが、ほうがほう、がほうが、あほうが(阿呆が)」に聞こえるからダメだ!ということになり、却下されました。

そこで、東京帝国大学の和田垣謙三教授が提案した「万歳、万歳、万々歳」という案が採用されました。

しかし、ここで読み方が問題となります。

それまで万歳は「バンゼー」や「マンゼー」などと読まれていたのですが、この読み方では腹に力がこもらないなど、いまいちだという話になったのです。

そんな議論の結果、それでは「バンザイ」と読むようにしよう!ということで落ち着きました。

万歳の語源

ところで、「万歳」という言葉は、元々は古代中国で使用されていた言葉「千秋万歳」の後半を取ったものです。

万歳は読んで字のごとく、一万年の年齢のことを指します。

皇帝の寿命を示す言葉であり、皇帝に対して以外には使われませんでした。

部下たちは万歳ではなく「千歳」や「九千歳」「八千歳」などの言葉を使っていたそうです。

この皇帝よりもちょっとだけ少なくする感覚、可愛いと思うのは私だけでしょうか?

万歳誕生時のエピソード

さて、時は1889年2月11日。

いよいよ「万歳、万歳、万々歳」が初めて世に出る日。

この時、面白いエピソードがあります。

当日、最初の万歳を高らかに叫ぶと、行列の馬車の馬が驚いて立ち止まってしまいました。

ヤバ!と思って、2つ目の万歳を大声で叫ぶのをためらってしまい、小声になってしまいます。

そして3つ目の万々歳はついに言えずじまい。

それを聞いた周りの人たちは、「万歳、万歳、万々歳」ではなく、万歳を何度も繰り返すのだなと理解してしまいます。

こうして、万々歳は一度も唱えられることなく、どこかに行ってしまったのでした。

チャンチャン(笑)

バンザイのもう一つの意味

このように、万歳とは元々、天皇陛下をお祝いする言葉だったのが、転じて喜びやめでたいことを表す動作になって現在に至っています。

一方で、「バンザイする」と言ったとき、どうにもならない、首がまわらないことや、倒産することを指したりしますよね?

どうしてこういった意味を表すようになったのでしょうか?

調べたのですが、これといった理由は見つけられませんでした。

あくまで私の予想ですが、軍隊が降参する際、無抵抗を示すために何も持たずに両手を上に挙げる動作がありますよね?

あれと万歳が似ていることから、いつしかバンザイが参る・降参するという意味で隠語的に使われるようなったのではないか、と推測しています。

ご存知の方がいたら教えてもらえると嬉しいです!

まとめ

いかがでしたか?

万歳の由来やエピソード、派生の意味についてご紹介しました。

普段何気にしている動作も、立ち止まって考えてみると意外な発見がありますね!

「知らなかった!」「面白かった!」という方は、是非シェアをお願いします♪

あわせて読みたい→「雷(かみなり)」って何で雨と田なの?奥深い言葉の由来の世界

あわせて読みたい→割愛はなぜ「愛」と書くの?言葉の語源を探ると面白かった件


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする