「雷(かみなり)」って何で雨と田なの?奥深い言葉の由来の世界

普段何気なく使っている言葉を、じーっと見つめていると、ふと「あれ?何でこうなっているの?」と感じること、ありませんか?

私はある時、「何で雷は雨と田からできているのだろう?」と疑問に思いました。

そこで調べてみると、興味深いことが芋づる式に分かってきたのです。

とても興味深かったので皆さんにもご紹介しますね!


スポンサーリンク


「雷」の由来は?

「雷(かみなり)」の言葉は、中世頃から使われるようになったようです。

雷は昔、神様が鳴らしている音だと信じられていました。

なので「神鳴り」と書いたそうです。

よく鬼が雲の上で太鼓を持って鳴らしている絵がありますよね、あれです。

ドリフの雷様と言ったほうが分かりやすいでしょうか(笑)

さて、雷の漢字になぜ雨と田が使われているのでしょうか。

雷の字は正式には「靁」と書くそうです。雨に田が三つ。

実は、ここでいう「田」は、田んぼではなく、小さな太鼓(小つづみ)のことを指します。

田が三つあるのは回転する形を表現しています。

つまり、かみなりは、雨が降っている最中に小つづみが回転しながら鳴ることをいう、となります。

昔の雷様のイメージでは、背中に輪になった小さな太鼓を背負っていますが、この太鼓が「田」ということなんですね。

こんな感じです(またドリフですみません(笑))


スポンサーリンク


「稲妻」の由来は?

さて、雷の類義語に「稲妻(いなずま)」という言葉があります。

こちらの由来はどのようなものなのでしょうか?

昔から、稲の結実する秋頃に雷が多かったことから、雷が稲を実らせるという信仰がありました。

稲妻の「妻」は元々は「つま」で、夫婦や恋人がお互いを呼ぶ言葉のこととされます。

つまり、雷は稲が良く実るために必要な相方、という意味のようですね。

「いかずち」の由来は?

そして、雷の類義語に「いかずち(いかづち)」とう言葉もあります。

こちらはどういう由来を持つのでしょう?

いかづちは古代は「厳つ霊」と書いたそうです。

「厳」はたけだけしい、荒っぽいという意味。

つは助詞で「の」という意味。

「霊」はそのまま、精霊といった意味です。

つまり、雷は精霊による荒々しいしわざ、と考えられていた、ということですね。

ちなみに、やまたのおろちの「ち」も「霊」という字です。

「くわばらくわばら」とは?

よくおばあちゃんとかが「くわばらくわばら」と言うのを聞いたことありませんか?

あれは実は雷を避けるおまじないなんです。

くわばらとは「桑原」で、兵庫県三田市にある地名のこと。

学問の神様・菅原道真は、死後に雷神となったといわれています。

その菅原道真の領地であった桑原には、落雷が一度もなかったとのこと。

このため、菅原道真公にあやかって「くわばら、くわばら」と唱えるようになった、といわれています。

他にも、雷神が桑の木が嫌いなのでこう唱えるようになった、という説もあるようです。

まとめ

いかがでしたか?

雷やその類語である稲妻、いかづちの語源や関連情報をご紹介しました。

くわばらくわばらは、最近聞かなくなりましたね~死語になってしまうのでしょうか。

言葉が持つ奥深い歴史をかみしめながら使わねばと思いました!

あわせて読みたい→ダウンバーストって一体何だ?超レアな気象現象の正体

あわせて読みたい→ゲリラ豪雨から身を守る!その原因と対策をリサーチ


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする