浄土真宗は位牌を用いない?浄土真宗における法名軸の扱いについて

仏壇にあり、故人の法名が書いてあるのが位牌ですが、浄土真宗では位牌のかわりに「法名軸」を用います。

他宗派と何かと異なる浄土真宗のしきたり。今回は法名軸と法名の疑問について、私の経験も交えながら解説していきます。


スポンサーリンク


法名軸とは?

浄土真宗では位牌は用いず、法名軸(ほうみょうじく)を用います。法名掛軸ともいいます。

法名軸とは、仏壇の中に収まるくらいの小さい掛け軸であり、法名が記されています。

法名軸は、仏壇の内側の左右両側面に掛けます。

法名軸専用の立てる器具があるので、それを用いても良いです。

法名軸は通常は菩提寺の住職に書いてもらいます。本山からいただくこともあります。

ちなみに位牌とは「位を表す牌」のことで、中国の儒家が亡き人の生前の官位姓名を記した木の札から来ています。


スポンサーリンク


法名とは?

そもそも法名とは何でしょうか?

法名とは本来、仏門に帰入して、新しく仏道生活に入った者が授けられる名のことです。

法名は、生前に帰敬式(おかみそり)に参加した信者に対して授けられるものであり、つまり、法名は本来は生きているうちに与えられます。

しかし、多くの人は授からないままに死を迎えます。

その場合は、葬儀の場において菩提寺の住職につけてもらう形をとります。

さて、法名はすべて「釈○○」となります。

釈は釈号といいます。釈迦牟尼如来(しゃかむににょらい)の釈で、仏門に帰入したことを表す尊い字であるとされます。

女性の場合は「釈尼○○」となります。

この「尼(に)」は日本語の「あま」ではありません。

女性を表すサンスクリット語の語尾の変化から出たものです。

つまり仏教に帰依帰入した女性ということを表しています。

○○の部分が法名です。

すべての法名は2文字となり、仏弟子としての名前をあらわします。

法名の漢字に俗名(生前の名前)や経文の漢字を入れることもあります。

他宗派では長い名前がついて、その方が尊いとされることがありますが、浄土真宗では長いから良いというふうには考えません。

天皇も古来から仏門に入られると釈○○という法名を授けられています。

また、法名の他に「平等院」「清浄院」といった「○○院」という院号をいただくことがあります。

院号は、釈号の前、一番最初に来ます。

院号というのは、かつて身分の尊い方々が、仏門に入って住んでいた御殿の名から起こったと言われています。

院号はとくに教団やお寺に貢献した信者に贈られ、浄土真宗では教団やお寺に一定以上金額のお布施をした門徒に希望により与えられる規定があります。

院号の希望がある場合は菩提寺の住職に相談すると良いでしょう。

なお、浄土真宗以外の宗派では戒名(かいみょう)と呼びますが、戒名というのは、戒を受け生涯仏教教団に定められた戒律を受ける・授ける、ということから来ています。

法名の頼み方

法名を住職にお願いするタイミングについてです。

法名は、臨終後、住職にお葬式をお願いする際にあわせて頼みます。

できれば臨終勤行で住職がいらしたときに一緒にお願いするのが良いでしょう。

もし臨終勤行を省略する場合は、電話でお葬式の打ち合わせをする際にあわせて依頼します。

住職は故人の生前の行いや生き方を踏まえた法名を考えてくれます。

もし故人が所属寺との日常の関係性が薄かったような場合は、年齢や仕事、趣味といった故人のプロフィールを、法名の参考として住職に伝えると良いでしょう。

また、故人や遺族の希望で入れてもらいたい文字があれば、申し出ても差し支えありません。必ずしも希望が叶うわけではありませんが、住職は最大限尊重してくれると思います。

そして、住職は、通夜が始まる前までに法名を決めて知らせてくれます。

法名へのお布施の金額

本来、法名は故人へのお寺からの感謝の気持ちですから、喪主は自分ができる範囲でお布施をすれば良いものです。

とは言っても、相場が分からないと戸惑ってしまいますよね。

ここでは大手葬儀社が提示している戒名料の目安を記しておきますので、参考にしてください。

  • 伸士・信女 1530万円
  • 居士・大姉 3050万円
  • 院号、院殿号 50万円以上

また、お布施や法名料の金額は、ざっくばらんにお寺に聞くのも手です。

私は相場観がまるで分からなかったので、住職に「すみませんこうしたことが初めてで分からないもので、いくらお支払いすればよろしいでしょうか?」と率直に聞きました。

住職は怪訝な顔一つせずに「一般的には○○円くらいいただいていますよ」と教えてくれたので、その金額をお支払いしました。

なお、法名のお礼金はあくまでも「お布施」ですのでご注意。

表書きには「法名料」などと書かないようにしましょう。

法名軸の安置の仕方

法名軸の安置の仕方としては、仏壇の内側左右の両側面に掛けます。

中央には置かないでください。中央はご本尊を置き、両側に法名軸を掛けるのが正しい安置の仕方です。

仏壇の側面に掛けるほかに、法名軸専用の立てる器具を用いても良いです。

亡くなった方の分だけ法名軸が増えていきますが、法名軸は重ねないようにします。

仏壇内には普段は両親の法名軸を掛け、スペースに余裕があればご先祖の法名軸も併せて置くようにします。

そして命日の時にそれぞれの法名軸を掛けると良いでしょう。

また、先祖代々の法名がたくさん増えた場合のための、一つの軸に多くの法名を記載できるようになっている法名軸もあります。

あわせて読みたい→浄土真宗の四十九日法要はどうすればよい?浄土真宗における法要のつとめかた

あわせて読みたい→浄土真宗の葬儀・法要は友引に行ってもよい?浄土真宗における葬儀の日取りの考え方に迫る


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする