塩って何で「食塩」って呼ぶの?食用以外の使い道は?塩のトリビアに迫る!

最も身近な食品の代表格が「塩」です。

で、スーパーで買う塩は「食塩」と書いてありますね。

ここでふと疑問に思ったのが「塩って何で「塩」だけじゃいけないの?「食塩」って書かなくても、ただの「塩」だけでいいじゃん!」ということ。

気になったので調べてみたら、そこには塩の奥深い世界が隠れていました

面白かったのでシェアしますね!


スポンサーリンク


日本の塩の用途別消費量

まず疑問に思ったのは、塩の食塩以外の使い道。

わざわざ「食塩」と言うからには、食用以外の塩もあるはず

例えば、お相撲さんが土俵の上にまく塩。

または、神事で使う清めの塩。

他にもバスソルトとかありますよね。

そういった食用以外の塩の使い道は、一体どうなっているのでしょうか?

財務省「塩需給実績(平成28年度)」によれば、日本の塩の用途別消費量は以下のとおりとなっています。

食用:95万トン12%)

ソーダ工業用:594万トン75%)

その他:101万トン(13%)

出典:「塩需給実績(平成28年度)」財務省 ※カッコ書きはシェア

この驚きの結果。

食用の塩の消費量って、実は全体の1割ちょっとでしかないんです。

そして、ほとんどの塩は「ソーダ工業」というものに使用されているようです。


スポンサーリンク


ソーダ工業とは何か?

ところで「ソーダ工業」って何でしょう?

シェアが75%とハンパなく多い。

ますます気になって、次にソーダ工業について調べてみました!

ソーダ工業とは、塩を原料にして、様々な製品の原料となる化学薬品を製造する工業のことです。

代表的なソーダ製品として、水素や塩素、カセイソーダなどがあります。

水素は現在、燃料電池車の燃料として注目を浴びています。

塩素は様々な化学製品や医薬品の製造に使われる原材料です。

このように、ソーダ工業は実は日本の製造業を支える重要な産業だったのです。なるほど!

ちなみに、日本の塩の自給率は約100万トン。この量は食用の塩の消費量をまかなえる量になります。

しかし、需要の大半を占めるソーダ工業用の塩は海外からの輸入に頼っているのが現状です。

そして、海外から輸入する塩の量は年間約700万トン。

その大半はオーストラリアとメキシコからの輸入が多くを占めているんですって。

まとめ

いかがでしたか?

いつもの塩が、実は食用よりもむしろ工業に重要な役割を果たしていたとは、知らないことばかりですね〜

一つ賢くなりました(笑)

あわせて読みたい→ボストンバッグはなぜ「ボストン」なのか?その歴史に迫る!

あわせて読みたい→万歳(ばんざい)の由来、知りたくありませんか?その語源や歴史など


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする