仏舎利塔とは何か?そこには本当に釈迦の骨があるの?

全国各地にある仏舎利塔。

仏教の施設だからと、今まであまり気にかけませんでしたが…ん?ちょっと待てよ。

仏舎利って確か釈迦の骨のことだよね…?

釈迦の骨の塔っていう意味?え、そんな昔の人の骨がここにあるってこと?え〜本当に??

そんな疑問がふつふつと湧いてきたので、調べてみることにしました。

今日は仏舎利塔の謎に迫ろうと思います!


スポンサーリンク


そもそも仏舎利塔とは何ぞや?

まずは仏舎利塔についておさらい。

仏舎利塔は「ぶっしゃりとう」と読みます。

仏舎利とは、釈迦(しゃか)の遺骨のこと。

釈迦とは、紀元前5世紀にインドで仏教を開いた教祖のことです。

つまり、仏舎利塔とは、釈迦の遺骨を納める仏塔のことです。

日本では、仏舎利塔は仏教が伝来した頃から造られていましたが、戦後に世界平和を願って造られたものも多くあります。

形状は、かつては五重の塔、三重塔の形でしたが、戦後は仏塔の原型とされるインドの「ストゥーパ」の様式にならって造られるものが多くなっています。

日本各地に25以上の仏舎利塔があると言われています。

なるほど。仏舎利塔の形が日本のお寺の伝統的な形状やスタイルとは異質だと感じていましたが、その理由はインドの建築様式にならっているからなんですね。


スポンサーリンク


仏舎利塔には本当に釈迦の骨があるの??

さて、ここで気になるのは、仏舎利塔には本物の釈迦の遺骨が入っているのか?ということ。

だって釈迦は紀元前5世紀のインド人ですよ。そんなキリストよりも昔の人の、しかも外国人の遺骨がここ日本に本当にあるの?って思いません?

気になったので調べてみたら、面白いことが分かりました。

「釈迦入滅(死ぬこと)の地クシナガラの統治部族マッラ族は当初仏舎利の専有を表明し、仏教を国教とする周辺国との間に仏舎利を巡って争いが発生する事態となったが、結果として8等分され、それに、容器と残った灰を加えて周辺内外の10か所の寺院に奉納された。」

「200年の後、インドの敬虔な仏教徒であったマウリヤ朝のアショーカ王はインド統一を果たした後、全国8か所に奉納されていた仏舎利のうち7か所の仏舎利を発掘し、遺骨は細かく粉砕し、一粒一粒に分け、灰燼は微量ずつに小分けする作業を行って、最終的に周辺国も含めて8万余の膨大な寺院に再配布を実施した。」

「仏教が後年に伝来する中国では、多くの僧が仏舎利の奉納されたインドやタイに赴き、仏舎利の収められたストゥーパ(仏舎利を納骨する円すい形の仏塔。日本の卒塔婆のモデルであり語源である)の前で供養した宝石類を「仏舎利の代替品」として持ち帰り、それを自寺の仏塔に納めた。この宝石を仏舎利の代用として奉納する手法は古くから日本でも行われてきた。」

「仏舎利とは本来、釈迦の遺骨・遺灰・毛髪などであり、このような仏舎利を「真舎利」「真身舎利」という。しかし真舎利は入手が困難であり、数も限られてくるので、各国で仏舎利の代替品を塔に納めるようになる。」

引用:ウィキペディア「仏舎利塔」

つまり、釈迦の死後、その遺骨は細かく分けられ、基本的にはインド国内の多くの寺院に分配され奉納されたため、日本よりも早く仏教が伝わった中国をはじめ他国では、仏舎利の替わりに宝石を仏塔に納め、仏舎利塔とした、ということです。

ということは、日本の仏舎利塔の仏舎利には真舎利ではなく代替品が安置されている、ということですね。まあそうでしょう、納得。

ところが!更に調べてみると、驚きの事実が分かりました。

引き続き引用します。

「第二次世界大戦後、熊本市花岡山、静岡県御殿場市平和公園、兵庫県姫路市名古山霊苑など日本各地にインドのネルー首相から仏舎利が贈与され、ドーム型の仏舎利塔が多数建立された。」

引用:ウィキペディア「仏舎利塔」

こちらの記述にあるように、1954年、日本とインドの友好と世界平和を祈念して、ネルー首相は10粒の仏舎利を日本に贈呈しました。

これを受け、釧路市城山の仏舎利塔など、日本の各地に仏舎利塔が建立されたのです。

私の家の近くにも仏舎利塔がありますが、この仏舎利塔もこの時にネルー首相から寄贈された仏舎利を奉納するために建てられたとのことです。

つまり、日本の仏舎利塔のなかには、本当の釈迦の遺骨(真舎利)を祀っているものもある、ということなんですね。

もはや神話の世界ともいうべき人の骨が本当に身近なところにあるというのは、何だかとても想像力をかきたてられる興味深い話ですよね〜

まとめ

いかがでしたか?

日本の仏舎利塔には本当の釈迦の骨があるらしい、ということが分かりました。

皆さんも次のお休みの機会などに、お近くの仏舎利塔の由来を調べてみても面白いかもしれませんね!

「知らなかった!」「面白かった!」という方は、是非シェアをお願いします♪

あわせて読みたい→「不良娘(ヤンキーっこ)ならし」で注目!なぜ不良をヤンキーと呼ぶのか?

あわせて読みたい→割愛はなぜ「愛」と書くの?言葉の語源を探ると面白かった件


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする