海外のサイトで見つけた、花粉症を軽減する海外の黄金レシピ!

海外に住んだら花粉症が治ったという話を聞きますが、そんな海外でも花粉症は多くの人を悩ませているようです。

海外でも、花粉症の対策はもちろん医療機関にかかったり薬局で薬を購入したりすることですが、調べていくと色々興味深い民間療法が行われていました。

中には「へ~面白い!」「そんなものが花粉症に効くんだ!」というものも。

効果のほどはさておき、面白かったのでご紹介します♪

花粉症に負けない体づくり!運動が花粉症対策に効くワケと効果的な運動について


スポンサーリンク


海外で行われている花粉症対策

調べていて最もよく見かけたのは、ハチミツが花粉症に効くというもの。

科学的な根拠は示されていませんが、昔から行われてきたようで、できるだけ地元で生産されたハチミツが良いとされています。

その他、以下のものも花粉症に効果があるとしてよく語られているようです。

  • 海で泳ぐ
  • サングラスを着用する
  • 夜は窓を閉める
  • 家に帰ってきたらシャワーを浴びる
  • 湿気の低い土地に住む
  • 海外に住む

中には「エッチが花粉症に効果がある」というものも(!)

イランの精神科医は、オーガズムに達する時に交感神経系が体の血管を収縮させ、これが花粉症の改善に役立つという研究結果を示しています。

ところで、地球温暖化が花粉症を悪化させるという研究結果もあるようです。

地球温暖化で大気中に二酸化炭素が増加すると、植物の生育が早まり、それが花粉の発生量も増加させる、とのこと。

花粉症は現代病と言われていますが、現代生活が花粉症の発生をより一層促してしまうとは、何とも皮肉なものです。


スポンサーリンク


花粉症に負けない黄金レシピ!

さて、イギリスの花粉症対策を見ていたら、色々と面白い食物療法が見つかりました。

それらを組み合わせると、黄金のレシピが完成?

まずは前菜のサラダ

ケイパーレッドタマネギクレソンは、ヒスタミンの影響をブロックすることで花粉症の症状を軽減するケルセチンが多量に含まれています。

ブロメラインを含むパイナップルと組み合わせる、ケセルチンの吸収を促してくれるので効果倍増。

アルコールにはジンを飲みましょう。

アルコールは一般的に花粉症を悪化させると言われますが、イギリスの伝統的なアルコールのジンは、逆に症状を緩和してくれます。

精度の高いジンは製造過程においてヒスタミンを含まないため、他のアルコールと比較して相対的に花粉症の症状を引き起こしにくいのだとか。

つまみには新鮮なチーズや肉を。

ベーコンやサラミなどの燻製やスティルトン、チェダー、カマンベール、パルメザンといったチーズは花粉症に悪いヒスタミンを含むので、新鮮な肉や魚リコッタモツァレラなどの新鮮なチーズが良いのです。

そしてメイン料理はカレー

カレーの成分に含まれるウコンが花粉症の炎症を軽減し、カプサイシンは鼻の通りを良くして喘息の症状を和らげてくれるようです。

さすがインドとゆかりの深いイギリスならではの知恵ですね!

デザートにはリンゴオレンジ

ベータカロチンビタミンCビオフラボノイドが豊富に含まれており、抗炎症剤の効果があるので免疫力を高めると言われています。

そして食後はカモミールティーで決まり!

コーヒーは症状を悪化させる可能性がありますので、自然の抗ヒスタミン薬と抗炎症薬の効き目があるカモミール茶を飲みましょう。

まとめ

花粉症に悩むのは万国共通なんですね。

花粉症対策、時には海外の対策を参考にするのも面白いかもしれません。

このレシピを試してみた方、是非とも感想を聞かせてくださいね!

「知らなかった!」「面白かった!」という方は、是非シェアをお願いします♪

あわせて読みたい→花粉症に負けない体づくり!運動が花粉症対策に効くワケと効果的な運動について

あわせて読みたい→「春の嵐」と「春一番」の違いは?猛威を振るう春の嵐の対策など

 


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする