どうしよう?!2018年はイースターとエイプリルフールがかぶっていることが海外で話題に

キリスト教圏で4月に行われる行事の一つ「イースター(復活祭)」が、今年は4月1日にあたるためエイプリルフールとかぶっており、そして、このために「灰の水曜日」が2月14日となり、これまたバレンタインデーとかぶることが、キリスト教圏でちょっとした話題となっています。

一体どういうことなのでしょうか?調べてみました。


スポンサーリンク


イースターとは?

まずはイースターについておさらいしておきましょう。

イースターは日本語で「復活祭」。

十字架にかけられて死んだイエス・キリストがその3日目に復活したことを記念・記憶する、キリスト教で最も重要な祭典です。

イースターはもともと太陰暦のもとで決められた日なので、太陽暦の現代では年によって日付が変わります。原則として春分の日の後の最初の満月の次の日曜日となります。

イースターには、礼拝や聖歌が歌われ、死と生を象徴するとされる卵がふるまわれます。これをイースター・エッグと呼びます。家庭では肉や乳製品、卵料理が出されます。

エイプリルフールとは?

エイプリルフールとは、毎年4月1日には嘘をついても良いという風習のことです。
いつからどのように始まったのか定説がありませんが、毎年4月1日には世界中で様々なジョークが繰り広げられますよね。日本でも一般的に広まっている慣習となっています。

そんなイースターが、今年2018年には4月1日にあたっており、そのため、エイプリルフールとかぶってしまっているのです。

イースターがエイプリルフールとかぶるのは非常に珍しく、前回は1956年と実に60年以上ぶりのこととなります。

そして、実はキリスト教徒にとって驚きの「カブり」がもう一つあるのです。

キリスト教の典礼の一つである「灰の水曜日(Ash Wednesday)」。

イースターの前46日目の水曜日とされ、カトリック教会では信者に死と痛悔の必要を想起させるため,各人の額に灰で十字架のしるしをつける儀式を行う日となります。この日がイースタから逆算して、今年は2月14日の水曜日にあたることから、バレンタインデーとかぶることになります。

そして、これがキリスト教圏で話題となっているのです。

キリスト教徒にとっては、イースターはあのクリスマスよりも大事な、1年で最も重要な宗教的な意味を持つ日です。

そんな日がエイプリルフールとかぶることに。
海外のネット上では、この2つの奇妙なペアについての記事がたくさんアップされ、驚きつつも楽しもうという雰囲気が感じられます。
そんな大事な日がジョークにまみれたいかにも世俗的なエイプリル・フールとかぶることで、どのように振舞って良いのか戸惑っているのです。
ローマ法王が今年のエイプリル・フールを2日に分けて行い、もう1日は3月29日に行うことを宣言したという、嘘とも本当ともつかないような話まで伝えられています。


スポンサーリンク


まとめ

いかがでしたか?

イースターとエイプリルフールの関係を見ると、色んなことがわかってきました。

ハロウィーンのように今後日本でも流行るのでしょうか。

今後の展開に要注意です。


スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする