バレンタインデーの起源はローマに通ず?!その3

現在のバレンタインデーに至る

関連
バレンタインデーはローマに通ず?!その1
バレンタインデーはローマに通ず?!その2

スポンサーリンク


聖バレンタイン・デーはその後進化を続け、イギリスでは18世紀頃にはバレンタイン・デーに

手作りのカードを交換して愛を伝えることが一般的になりました。

当時はレースやリボンで装飾し、キューピッドとハートを描いた手作りのバレンタインカードが用いられたそうです。

カードを贈る習慣は、その後アメリカ大陸に伝わりました。

1850年代には、アメリカの実業家エスター・ハウランドEsther A. Howland)がバレンタインカードの大量生産を開始、バレンタインデーにカードを送る習慣は急速に普及していきました。

ハウランドは「バレンタインの母」と呼ばれています。

郵便制度の整備と料金が安価になってきたことも、バレンタインデーの挨拶を送る人気の増加にも寄与しました。

そして今日、アメリカのグリーティングカード協会(GCA, Greeting Card Association)によれば、バレンタインデーには毎年1.3億枚のバレンタインデーカードが購入され、クリスマスに次いで2番目に多いとのことです。

(ちなみにクリスマスは16億枚(!))


スポンサーリンク


バレンタインデーとチョコレート

ところで、これまでの話にはチョコレートの話が全然出てきていません。

なぜバレンタンデーといえばチョコレートになったのでしょうか?

これは実は日本ならではの習慣。

日本のチョコレート業界の販売促進キャンペーンが始まりであり、女性が男性にチョコレートをプレゼントする、という習慣が日本だけに定着したようです。

月14日のバレンタイン・デーとチョコレートには何の歴史的関係もないことが分かりました。

バレンタインデーもチョコレートもどちらも外国の文化なので、外国から来たものと思い込んでいましたが、意外でしたね〜!

まとめ

いかがでしたか?

バレンタイン・デーは、実に2000年近くもの人類の歴史と同じ位の年月が積み重なっている、そして海外ではチョコではなくグリーティングカードが贈り合われていることが分かりました。

まあ、チョコにせよカードにせよ、愛情を込めれば気持ちは必ず伝わると思います。

皆さん良いバレンタインデーを!

あわせて読みたい→ホワイトデーは日本独自の文化って知ってた?その由来と海外の受け止め方

あわせて読みたい→ハロウィンの機会に知っとこう!そもそもカボチャの名前の由来って?

関連
バレンタインデーはローマに通ず?!その1
バレンタインデーはローマに通ず?!その2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする