バレンタインデーの起源はローマに通ず?!その1

214日のバレンタインデーは、

女性が男性にチョコと一緒に愛を告白できる日。

でもなぜ214日?なぜ愛を伝えるの?なぜチョコ?

色々気になったので調べてみると、面白い歴史が分かりました。

それではバレンタインデーの歴史、行ってみましょう!


スポンサーリンク


 

バレンタインデーの起源

バレンタインデーのルーツは、古代ローマ帝国で毎年215日に豊穣を祝うために行われた祭典「ルペルカリア祭(Lupercalia」にさかのぼると言われています。

ルペルカリアは、ローマの街の創始者であるロムルス (Romulus) レムス (Remus)そして農業の神ファウヌス(Faunusに捧げられる祭りです。

祭りの日、ローマ帝国の司祭(ルペルキー(Luperci)たちは、まずローマの聖地とされる洞窟に集まります。

この洞窟は、ロムルスとレムスが雌の狼ルパ(Lupaに世話をされた場所です。

ローマの伝説の彫刻

ルペルキーたちはここで、ヤギを繁殖力の象徴として、犬を浄罪の象徴として犠牲に捧げ、ヤギの皮を剥がして血に浸します。

その後、今度は街に移動して、そのヤギの皮で女性たちと畑とを優しく叩いてまわります。

何ともオドロしい話ではありますが、当時はヤギの皮で叩かれることで、女性はその翌年に子宝に恵まれると信じられていたため、恐ろしいことではなくむしろ喜ばれたと言われています。

古代では、作物の豊穣と女性の不毛・多産とは密接な関係があると信じられていたようですよ。

さて、その後、街の若い女性たちは、自分の名前を書いた紙片を壷の中に入れていきます。

独身の男性たちは、壺の中から一人ずつ紙片を取り出し、選んだ女性とその年のカップルになります。

カップルは結婚につながることも多かったそうです。

うーん、まだ現在のバレンタイン・デーとはかけ離れていますね。

もう少し時代をくだってみましょう!

その2に続く)


スポンサーリンク



 

関連
バレンタインデーはローマに通ず?!その2
バレンタインデーはローマに通ず?!その3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする